サッカーワールドカップ名シーン

FIFAワールドカップとは

FIFAワールドカップとは

サッカーワールドカップ名シーン へようこそ!

サッカーが大好きな管理人が独断と偏見で選んだ、サッカーワールドカップの名場面をご紹介します。

4年に1度開催されるFIFAワールドカップ(英: FIFA World Cup)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催するナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会です。

最高峰のサッカーの祭典であり、オリンピックに匹敵するほどの人気を誇る世界最大のスポーツイベントです。

2002年には、初めてアジアで開催されることになり、第17回目のFIFAワールドカップ(2002年5月31日~6月30日)が日本と韓国で共同開催されました。

日本は、初戦でベルギーと2対2で引き分け、初めてワールドカップで勝ち点を獲得し、歓喜に沸いたことは記憶に新しいですね。

そのあと、ロシア戦に1対0でワールドカップ初勝利、そして、次のチュニジア戦も2対0で勝利し、グループリーグを1位で通過しました。

初の決勝トーナメント(ベスト16)進出も決めたのです。

さて、FIFAは1904年に創立されました。

その時のワールドカップ要綱には、世界選手権(英: World Championship)を行う旨ことが記載されていたそうです。

また、1928年開催のFIFAのアムステルダム総会で、大会の名称を「ワールドカップ」とすることが定められたそうです。

ジュール・リメが寄贈したカップもワールドカップと呼ばれましたが、まもなくカップはジュール・リメカップと呼ばれるようになり、その呼び名は第二次世界大戦の終了まで続きました。

そして、1946年7月25日、FIFA第25回ルクセンブルク総会で「ジュール・リメ杯世界選手権大会」(英: World Championship -Jules Rimet Cup-)が正式名称となりました。

1970年のメキシコ大会まで、「ジュール・リメ杯世界選手権大会」と呼ばれていましたが、ジュール・リメカップがブラジルにより永久保持となり、新しいカップが作られたのに伴い、1974年の西ドイツ大会以降「FIFAワールドカップ」が正式名称となった。